こんにちは。宮武です。

今回は、企業様の外構コンクリートブロックの改修工事を報告します。

古くなりひび割れた箇所が多くなった既存のブロックを取り壊し、

新たにブロックを積み直す現場でした。

 

↓ 改修前。色は黒ずみ、所々ひび割れが入っていました。

DSC_0750

 

↓ 工事途中。鉄筋も新たに打ちかえます。通常は、ブロック2個に対して縦に1本

入れますが、風当たりが強いところなので1個に対して1本施工しました。

DSC_0763

 

↓ 工事完了。約600個のやり替えでした。工期は、解体を含めて4日程です。

DSC_0784

 

↓ この現場ではありませんが、コンクリートブロックがひび割れる原因は主に、

中に混入している鉄筋が腐食し、膨張した為表面にひび割れとなって表れてきます。

風雨にさらされているものなので、劣化はある程度仕方ありませんが、この状況になると

倒壊の危険が発生しますので、早めのやり替えをお勧めします。

劣化を遅らせる方法としては

①ブロックの上に、笠木ブロックや笠木アルミ材等をを施工する(雨の侵入を少なくさせる)

②ブロック表面に、塗装や塗材などを施工する(同じく雨の侵入を少なくさせ、強度を上げることが出来る)

外壁ブロックの劣化が気になる方は、是非一度ご相談ください。

DSC_0785

投稿者プロフィール

miyatake-webmaster